133.ソウルステーション パンデミック

を観た。

「新感染」の前日譚らしいんだけど…。この作品がどう「新感染」に繋がっていくのかが分からない。この作品の時点で軍隊がこれだけ出動してるなら、「新感染」の主人公は朝のニュース番組やインターネットを通じてこの事件を知ってるはずだし、何より電車なんて動いてるはずがない。どうせ「前日譚」をやるなら、ゾンビが生まれた原因にスポットを当ててほしかった。はっきり言って不要、それどころか「蛇足」な作品。

それに「新感染」と繋げるなら、どちらもアニメにするか、実写にするか統一してほしかった。これじゃ、当初は作るつもりなかったけど「新感染」がバカ受けしたから便乗して慌てて作りました。と言ってるようなもの(のような気がする)。実際、アニメの質も70年代のアメリカアニメくらいのレベル。ゾンビなんて全く怖くない。皮肉なことに「新感染」のゾンビの出来映えの良さが、今回のアニメの低レベルさをより一層際立たせる結果になった。

更に言えば「新感染」の良さは、ひたすら電車という「密室」でホラーやアクションに徹したこと。「電車」という限られた空間、またスピードや時間などで主人公達から「自由」を奪ったところに面白さがあった。そして余計なことを考えずに楽しむことが出来た。ところが今回は、ソウル市内逃げ放題だし、様々な社会問題にも中途半端に触れている。そこもつまらなく感じた要因だと思う。

この作品を楽しむなら、「新感染」とは完全に別物と割り切る必要があると思う。比べるからおかしくなるし、そういう演出が間違いだったんだと思う。

私の中では映画のワンシーンのようだった

私の中では映画のワンシーンのようだったよ????壁に追いやられてゾンビ的なエイリアン的なものがそこまで迫ってきててオマイガー!!!ノォオオぉおおおって絶叫してたら颯爽とイケメン補正がかかった主人公が助けに来てくれたような、そんな場面だったよ

まぁ、乃木坂好きだった時もアンダーが好

まぁ、乃木坂好きだった時もアンダーが好きだったから伊藤万理華は伝説を残したと思うよ。ただ、世間に対してはこれからなんだろうなと思う。

JRは大船駅近くの変電所の停電による遅

JRは大船駅近くの変電所の停電による遅延西武池袋線の人身事故で、西武はじめ東急やメトロが影響受け遅延迂回路線も波及効果で混雑朝から見事なカオスっぷり眠いけど、早めに動いて良かったかもな

おかげ参りもエクストリーム?

近鉄、2016年大晦日の電車 - 大阪・名古屋地区で終夜運転、特急列車も設定

ダディ AA (検索

       /\___/ヽ

    /ノヽ       ヽ、

    / ⌒ヽ,,,)ii(,,,r :::ヘ

    | ン(○),ン 、(○)::|  |`ヽ、

    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl    行政書士試験まで

.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |     一ヶ月きったどー!

   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |

  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄

  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ

 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ

9月2日(土)OTODAMA初日@泉大津フェニックス

9月2日(土)OTODAMA初日@泉大津フェニックス、行ってきました。名古屋ドリキャス翌日開催という、3年前と同じくなかなかの強行軍。名古屋で泊まったホテルの壁の変なところに姿見があって、ベッドに入ると自分の顔がもろに鏡に映って落ち着かなかったのと、ドリキャスで見たおいちゃんの衣装に興奮したお陰で(笑)ろくに寝つけないまま朝6時台の新幹線で大阪へ。結局2時間くらいしか寝られず、大丈夫か、私…(汗)と思いながら会場へ向かいました。

泉大津の駅のコインロッカーが空いてるとは限らないので、ホテルを取ってある堺で南海本線を途中下車して駅のロッカーに荷物を放り込んできたんですが、睡眠不足で頭がぼんやりしてたせいで、これが後でえらいことになるとは夢にも思わず…詳細は後述。

そうして到着した泉大津の駅は、3年前に来た時とは随分様子が変わって綺麗になっていました。改札出た正面にスーパーできてるし…って何ですかその入り口は(笑)

着いた時間が早かったせいか、シャトルバス乗り場では全然並ばずすぐにバスに乗れましたよ。本日のトリがPOLYSICSなので、スタッフさんが来ているTシャツには「NATSU FES OR DIE!!!」って表記が。

入場ゲートはこんな感じ…って、バカー(褒めてます 笑)!

今年のOTODAMAはコンセプトがスーパーマーケット、ってことで、公式サイトのデザインがスーパーのチラシ風になってたり、ステージに関西の地域密着型スーパーの名前がついていたりしてるんですが、まさかここまでやってくれるとは。私が乗っていたバスの車内は無音だったので後で分かったことなんですが、いろんなスーパーのBGMが流れてるバスもあったらしいです。今年の当たりのバスはそれだったのかー!

入場したら場内に恐らく関西のスーパーで流れてるBGMと、呼び込みくんのメロディ、ファミマの入店時BGMが交互に流れてて、その徹底した遊びっぷりにも笑いました。

初の3ステージ制となった場内の様子はどうなっていたのかというと、今までメインステージ(通称 大浴場)があった場所にそれぞれKOHYOの湯、ジャパンの湯、という名前がつけられた、同じ位のサイズのステージが二つ並んでいて、そこからシートエリアを挟んだ後方の、今まで小さいステージ(通称 露天風呂)があった場所にはスーパー露天風呂、という名前がつけられたステージが設置されていました。ステージの位置関係はあまり変わっておらず、メインステージが二つになった、という感じ。

因みにKOHYO、ジャパンともに関西にある有名なスーパーのチェーン名とのこと。KOHYOの湯ステージ、ジャパンの湯ステージで交互にライブが行われるため、ステージ境界付近のスタンディングエリアで見ていれば両方のステージが見られてしまう、というお得仕様になってました。

仲間とシートエリアで合流して待つことしばし、イベンターの清水音泉さんの前説が始まりました。前説に出てきた清水音泉のスタッフ(どなただったのかは失念)さんはスーパーの店員風の緑色のエプロンにどこかで見覚えのある青いTシャツ姿。そう、ガリガリガリ○ソンの物販Tですよ(笑)。毎年OTODAMAの前説をやっていたガ○クソンが飲酒運転で捕まったため、今年はそれができなくなったってことで、Tシャツのみの出演になったのかしら。前説の最後に皆さん、飲酒運転には注意しましょう!というギリギリの発言が。

以下、見たステージレポと感想です。

岡崎体育」KOHYOの湯

ここ数年、話題の岡崎体育。シートエリアからですが、初めて見ました。最初から痛いキャラ全開で何だかいろいろすごいです(笑)。痛々しさをあえて全面に出す芸風、というか。ウォークオブデスと称してお客をモーゼよろしく左右に分かれさせた後、そこから歩いて元の場所に戻るよう指示してたの、笑ったなあ。一言で言えばスローモーション版ウォールオブデス。ご本人曰く、「運営に怒られないウォールオブデス」だそうです。

「チャランポ・ランタン」スーパー露天風呂

昼間に野外で見るチャランポ、新鮮でした。本日は楽隊を従えた豪華仕様で楽隊の衣装もメンバーとコンセプトが統一されていたのが楽しいです。サタデーナイトのカバー「ソトデナイ」楽しかったなあ。

「PAN」ジャパンの湯

次の出番の筋少に備えて早めにステージ前に移動して見たバンド。もちろん初見です。若いバンドなだけあって、メンバー自らサウンドチェックしてました。

大阪の楽しいあんちゃん達がやってます、って感じのバンドで、曲も歌詞も前向きなパンク寄り。5年前から毎年OTODAMAに出ているものの、今までは宴会場テントでスイカ割りやってくれ、とか、カラオケ歌ってくれ、というオファーばかり来ていたそうです(笑)。それが今年、初めてメインステージで楽器持たせてもらえたと嬉しそうにしてました。

Vo.の人は高校卒業祖、スーパーKOHYOに就職して数年でやめたそうで、できたらジャパンの湯よりもそっち(KOHYOの湯)に出たかったそうですが。

途中、バンドの自己紹介と称してステージにパンが持ち込まれ、それを客席に投げる展開になった時のこと。客席に投げたカレーパンの袋の口が空中で開いて中身だけがすっ飛んでく事件発生(笑)。あの飛びっぷりは見事だったなあ。

その後ステージからお客を1人選んで周りの場所を開けさせて、その人目がけてパンを投げるてキャッチさせる、ってパフォーマンスをやってたんですが、選ばれた緑色の髪の男子、何度か失敗した後見事キャッチして大拍手を浴びてましたよ。

筋肉少女帯」ジャパンの湯

PAN終わって入れ替えのタイミングで下手最前に陣取って待機。待ってる間に隣のKOHYOの湯で始まったオレンジレンジのライブ、ノンストップでキラーチューンを立て続けに投下して盛り上げてました。ヒット曲いっぱい持ってるバンドは強いねー。楽しかったです。

そっちが終わってセットチェンジ中のステージを見ると、長谷川さんの要塞ドラムが既にスタンバイ中。スタッフがスーパーの緑エプロンつけて作業してるので、楽器屋みたいな風情になってます。ついでに機材もスーパーのカートに載せて運ばれてきました(笑)。

私、巨まんのちん毛Tに筋少カチューム装着、というよく分からないいでたちで最前に張りついてたんですが、そんな客、客観的に見てちょっと嫌かも(苦笑)。

サウンドチェックで出てきたおいちゃんのギターの種類が謎でした。アコギは何に使うのー?と思ってたら、ライブ本編でそれが判明。あと、自前っぽい椅子がドラム台の上にありました。ヒデフェスに続いてエディがいない編成だったのがちょっと物足りなかったかなあ。

曲順

1.イワンのばか

2.カーネーション・リインカネーション

3.日本印度化計画

4.モコモコボンボン(ウッチーVo.)

5.サイコキラーズ・ラブ

6.釈迦

MC、ネタ

・本日のオープニングSEは何故かダメ人間。ステージに出てきたオーケンは白の特攻服、おいちゃんの衣装は蛍光色っぽい黄色地に黒のロゴみたいな柄が描かれたTシャツ+ワッペンがペタペタついたカーキ色のスリムなシルエットのパンツ、足元は確かいつもの黒のマーチンでした。

SEがダメ人間だった理由について、早速オーケンから説明が。曰く、「疲れるから」だそうで(笑)。オーケン、ダメ人間は疲れるから本編ではやりません、なんてことを言ってました。そして一言、「全員、50超えてるんだよー!50代に暑い中ハードロックやらせて…虐待じゃねえかよー!」とキレてみせるオーケン(笑)。

・そして「夏フェスでヴォーカリストがバテてるのが見たいかと問うならばー?」とお客を煽ったオーケン、印度の前フリで「50代のバテた姿を見せてやるぜー!」と発言して間奏でわざとらしくよろよろしながらドラム台の前に行って水を一口飲んでから膝をつき、倒れる真似をしてました(笑)。曲が終わったところで「バテたからウッチー、代わりに歌って」と言ってオーケンは袖に。歌ってと言われたウッチーが大げさにええっ!て驚いてみせてたのが可笑しかったです。要するにこの小芝居、オーケンが衣装替えのために一旦はけるためのネタだったんですけどね。

いつもの黒い特攻服に着替えて出てきたオーケンは長谷川さんのドラム台の後ろからこっそり捨0時に再登場、隣のKOHYOの湯ステージの方にちょこっと顔を出した後、ジャパンの湯ステージの下手袖からしれっと出てきてました。

筋少は来年でデビュー30年になるってことで、それに絡めたMCも。30周年の重みを感じさせてたまるかー!と一言言ったオーケン、感じさせないための方法として某ジャズミュージシャンの(以下自粛)な話に触れた後、重みがあったら今頃自社ビルでも建ててる、って言ってました。自社ビル建ててスクリーンの前とかで綺麗なおねーちゃんが踊ってるようなフェスやってる、って(笑)。そんな発言で笑いを取った後、30年経ってもOTODAMAに出させてくれてありがとう、って言ってたオーケン、この照れ隠しが入ったような言い方がすごく、らしいなーと思いました。

・ここでも新曲「サイコキラーズ・ラブ」のお披露目が。OTODAMAでの新曲披露は前回出た時の「労働讃歌」に引き続き、ですね。

前フリMCでオーケン筋少について、日本で一番ストレンジな世界観を歌っているバンドだと自負していると言ってました。中でもこの曲、「サイコキラーズ・ラブ」は奇妙な歌詞の曲だ、って。

ここでしばしオーケンからサイコキラー=意味もなく虫や動物や人を傷つけてしまう人、という説明が。この曲はそんな2人が出会って誰も傷つけないよう、お互いを見守っていこうという曲だそうです。オーケンサイコキラーに同情はしないけど、って前置きしてましたが、この歌詞、オーケンなりに思うところがあるんだろうなあ。演奏はバンドスタイルかと思いきや、おいちゃん、橘高さんのギターズお2人によるアコースティックバージョン。これ、アルバム収録バージョンも同じような編成なのかどうかが気になりました。

曲終わりの間奏で袖からウッチーが手拍子しながら登場、それにつられて手拍子した我々のことをオーケンは共犯者だね、と発言。

最後にオーケン、ステージで死んでもゾンビになってまたOTODAMAに戻ってくる、って言ってたので、てっきり最後の曲はトゥルー・ロマンスかと思いきや、いつも通りの釈迦でした。曲のラストで橘高さんがマーシャルの壁を蹴って破壊してライブ終了。オーケンは体調に気を付けてPOLYSICSまで頑張れよー!と言ってステージを去っていきました。

下手最前に張りついてた我々4名全員、ライブ中おいちゃんに出席取られましたー!こっち目がけて飛んできたピック、思くそ指ではじいて飛んでっちゃったのがすげー悔しかったです…。オーケンが言ってた通り、来年デビュー30周年を迎える筋少、その記念に来年のOTODAMAでヘッドライナーやってくれないかしら。清水温泉さん、どうですかー?

ユニコーン」KOHYOの湯

筋少終わってシートエリアで休憩しながら見たユニコーン。オープニングSEが何故か「ライク・ア・ヴァージン」だったのは何か意味があるんでしょうか。もう陽が落ちて涼しくなった時間帯の出演だったことについて、民生さんは太陽が大嫌いだから、もう真昼間にはやらないことにしました、って言ってました(笑)。

ユニコーン、フェスではあんまり定番曲をやらないイメージがあったんですが、この日は「服部」とか「大迷惑」とかやってましたよ。最後に1曲残ってるのを忘れて「大迷惑」をラストだと思い込んだメンバー一同、ペース配分間違えてこの曲で全力を出し過ぎてしまい、最後の曲をバテバテで演奏してました(笑)。

レイザーラモンRG」スーパー露天風呂

こちらもシートエリアで音だけ鑑賞。RG、BOOWYの曲に合わせて本日のOTODAMA出演者あるあるネタを投下してました。

OKAMOTO’Sの「ヴォーカルのショウくん、外人顔だから英語で話しかけられがち」、ユニコーンの「仲いい」(雑だなあ 笑)に続いて出てきた筋少あるあるは、「MARIONETTE」に合わせて「ばってんジャンプがつらい」…(笑)。長すぎてうまく乗るか分からない、と言いつつ「♪鏡の〜中のマリオネット 筋肉少女帯のあるある〜」と歌ってたRG、ノリノリでBOOWY歌いながら「この会場に10代はいないと思ってますから」とか言ってましたよ…ひでぇ(笑)。因みにPOLYSICSのあるあるは、「ハヤシ君がテンション上がりすぎて『トイス!』じゃなくて普通に『ありがとう』と言いがち」でした。

POLYSICS」ジャパンの湯

本日のトリ、POLYSICS。ほぼノンストップで曲を投下する中、最初のMCでハヤシ君、。今日会場に来たらスタッフからケータリングのお姉さんまでポリのバイザーつけてるのを見てテンション上がった、って言ってました。始まってからスタンディングエリアに踊りに行ったはいいけど、私、足が死んでて3曲でレジャーシートに戻ってきちゃいましたよ。体力つけないとなあ、とほほ。終わった後の花火、今年は露天風呂側から上がってました。

ピエール中野さんの湯上りDJ聞きながら撤収。終演後BGMに蛍の光が流れてるのを笑いながら歩いてたら、まさかの出口に仕込みが(笑)!

帰りのシャトルバスにも調子っぱずれな蛍の光(カラオケ)とスーパーの閉店時アナウンスが流れてて、笑いました。こんなの他のフェスではありえません(爆笑)。バスが発車したところでOTODAMA名物、田口さんのカラオケが。当たりのバス、キター(笑)!

本日、会場では素麺

やピーズのカラーゲラップサン

食べられたし、筋少ファン仲間だけじゃなく、会場に来ていた何人かの魂つながりの仲間ともお会いできて、楽しかったです。

最後に遭遇したアクシデントを除いては(汗)。浮かれた気分のまんま、堺の駅のコインロッカーで、朝預けた荷物を引き取ろうと鍵を開けたところ、預けたはずの荷物が無くなってたんですよ。空っぽのロッカー見た瞬間、あの中には翌日のドリキャスのチケットも着替えも全部入ってるのに!って思って血の気が引きました。

慌てて駅員さんに聞いたらロッカーの管理会社に連絡しないと対応できず、管理会社は翌朝10時にならないと連絡つかないみたいなことを言われちゃうし。その後やむを得ずホテルにチェックイン後、念のため駅に戻ってみたら、無くなったと思った自分の荷物を持った駅員さんが目の前を通るところに遭遇して事なきを得ましたが、本当、一時はどうしようかと。ロッカーに荷物を入れた後、間違えてその一つ下の空っぽのロッカーにお金入れて鍵をかけちゃってたんです。寝てないと本当、ろくなことになりませんね。気をつけます。